結婚指輪とは

夫婦の証として交換する指輪、マリッジリング。

左手の薬指にはめるのが一般的です。

婚約指輪と結婚指輪の違いを知らなかった男性も多いのではないでしょうか。

女性への結婚の約束として送る指輪が婚約指輪(エンゲージリング)です。
婚約指輪をもらう、ということは「結婚の約束をした」という証であり、結納と同じ意味になります。
参考サイト:http://結婚指輪ランキング調査.net/yuinou/95/

夫婦となりペアで身に着けるのが結婚指輪(マリッジリング)です。
こちらは夫婦である証ですね。

結婚指輪はペアなので結婚までに合計で3本も指輪を買う事に驚く男性もいらっしゃることでしょう。

初対面の人が既婚者か独身者か確認をするときにさりげなく、左手の薬指をチェックする場合があります。

結婚指輪は夫婦間の証拠の他に、左手薬指に指輪をしているから既婚者だという判断材料にもなります。

女性にとって指輪とは特別なもの。
人生の一大決心でもある結婚です。
一生身に着けるものですから長く大切にできる指輪を贈りたいものです。

まずは店頭に足を運び指輪をチェックしにいきましょう。
中でも、職人の技が光る杢目金屋は一度見ておいて損はない品質です。

一生物の買い物ですから1回で決める必要はありません。

大事な買い物です。
店員さんも親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

これからの人生、夫婦と一緒に過ごす大切な指輪です。

贈る側も贈られる側も満足する指輪を選びましょう。