結婚指輪の言い伝え

はるか昔から、パワーアイテムと考えられていた指輪。

結婚指輪を左手の薬指に着けるのは心臓に繋がっているという言い伝えからだそうです。

薬指は愛情を示すものでもあり、クラシックバレエのマイムでは薬指を指さすことで「結婚」を意味します。

着ける指によって意味があるのは案外知られていない話かもしれません。

日本では西洋文化が流行し始めた明治時代から贈られるようになったそうです。

結婚指輪はこれからずっと一緒に過ごす夫婦と同様、ずっと身に着ける大切なアイテムです。

指輪の特徴を知り、長く愛情が持てる結婚指輪を身に着けたいものです。

デザイン、素材、着け心地とこだわるポイントはいくつかあります。

既製品でも個性的なデザイン、ファッション性のあるものもありますし、名古屋の結婚指輪を取り扱う店舗でもパーツでオーダーできるセミオーダや一から決めていくフルオーダーもできます。

かなり広い選択肢があり迷いそうですが満足できる指輪の為、こだわりを持って選びましょう。

素材は長く輝きが保たれるプラチナや日本人の肌に合うといわれるホワイトゴールドなどがあります。

着け心地も重要ですので厚みのあるもの、細く繊細なもの、いろいろつけてみてしっくりくるものを探し出してください。